学び方は様々|製菓の専門学校で留学も視野に入れて学ぶ|学生の特権を活かそう
女性

製菓の専門学校で留学も視野に入れて学ぶ|学生の特権を活かそう

学び方は様々

パン

専門学校に行くのも手

パン作りは、趣味として楽しむ人も多いものです。そのため、パン作り教室なども様々な場所で開かれています。テキストなどを参考に独学で学ぶことも可能ですが、プロとしてやっていきたい場合や、開業したいという場合には、専門学校に通うのも一つの手です。専門学校で学ぶことのメリットとしては、基礎から体系的に学べるという点があげられます。知識を元に、技術を学べるため、どうしてこのような手順を踏むべきなのかという点を理解しながらパンを作ることができます。そのため、クオリティの高いパンを作ることができるようになります。バラエティー様々なパン作りを学べるのもメリットです。また、仲間と出会えるのも大きな利点です。プロになってからも助け合うことができる仲間という存在は他では得られないかけがえのないものです。

体力が必要

プロのパン職人にあこがれをもつ人は、学生、主婦、社会人問わず少なくありません。しかし、注意しないといけないのが、パン作りには体力が必要だということです。一見華やかな世界に見えるパン作りですが、労働時間は非常に長いです。朝は四時くらいから仕込みを始めなければならず、店じまいをしてからも片づけや明日の仕込み、新しい商品の開発などで休む暇はごくわずかです。開業するとさらに労働時間は長くなり、収入は不安定になります。憧れだけでやっていけるものではないので、プロを志すならしっかりとした覚悟が必要となります。きちんと学ぶことは決して無駄にはなりませんが、進路を決めるときは自分の覚悟を今一度再確認してから決めるのがよいでしょう。